体臭や加齢臭の原因

体臭や加齢臭の原因を解説します
MENU

体臭と加齢臭、ワキガの違い

 

 

男性に求めれられるボディケアのうち、今最も必要性を叫ばれているもの。
それは「体のニオイ」

 

特に暑い時期には汗もたくさんかくので、電車内やエレベータの中など周りの目が否気になりますね。

 

男性はもともと女性よりも代謝が活発で汗かきです。

 

脂の分泌量等も多いため、それらのニオイの元物質が汗と混ざることでより体臭が増大します。

 

これからの汗ばむ季節は特に注意が必要!!

 

 

体のニオイでも汗臭い体臭や加齢臭、ワキガでそれぞれ原因と対処法も違ってきます。

 

まずは、自分のニオイの種類を理解しましょう!

 

 

体臭

 

俗にいう「汗くさい」においのことです。

 

汗事態はニオイはありません。

 

なぜにおうのかと言えば、
汗をかいた後の臭いの原因は皮膚表面の常在菌が増殖するからです。

 

皮膚常在菌は水分と栄養分によって繁殖します。
つまり、汗と皮脂や角質をエサとしています。

 

特に、汗をかいた後、6時間後あたりが最も臭いそうです。

 

なので、汗をかいたらこまめにふき取ることが大切です!

 

 

 

加齢臭

 

加齢臭というのは「油の腐ったような臭い」がします。

 

男性でも女性でも加齢臭を発します。

 

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質。
この物質は皮脂の酸化・分解によって発生します。

 

男性は特に皮脂の分泌が盛んなうえに、
加齢によって酸化を抑制する働きは衰えます。

 

「ノネナール」の元は脂肪なので、
肉食の人ほど加齢臭が出やすくなります。

 

加齢臭の出やすい場所は、頭周り・首周り、胸元・脇周り、背中。

 

対策のポイントは「ノネナール」を除去する石鹸を使うことです!!

 

おすすめの加齢臭対策はこちら

 

 

ワキガ

 

ワキガは通常の汗臭さとは少し違います。
臭いも鼻をつく独特の臭いがします。
体を清潔にすることで多少は軽減できますが、根本的な解決にはなりません。

 

ワキガの原因の汗腺を除去すればワキガは治ります。

 

食生活の改善や清潔を保つことで軽減はできますが、
今は手術で簡単に治せる時代なので、ワキガの方は思い切って医師に相談してみましょう!

 

わきがの無料カウンセリングはこちら

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ
マネーパートナーズの評判・口コミ